いろんな機能が付いている 超小型キーボード i BOW Mobile

今回は「何かおもしろいモノないかなぁ~」みたいな感じで、ネットであれこれ探していたら、ありました「音楽を操作できる キーボード」なる超小型のキーボード。

f:id:apple_tabehoudai:20181004105802j:image

 

というわけで、今回は「i BOW mobile」の接続や、操作方法などを書いていきますね。

 

まずは箱の中に入っているものですが、「本体」の他に「マイクロUSB」、「取扱説明書」の3つでした。

 

「取扱説明書」を読んでみると、「えっ? 電話もできるの?」と、まさかのサプライズ!

ということで、まずは充電をしていきます。

キーボードの左側にある、マイクロUSBをさす場所に付属のマイクロUSBを「プスッ」っとさします。

すると、キーボードの裏にあるLEDが赤く光ります。

フル充電は、約2時間と書いてありました。

f:id:apple_tabehoudai:20181004105843j:image

 

充電が終わったようなので、さっそく接続をしていきたいと思います。

「i BOW mobile」のキーボード側を表にしたら、下にあるスライド式の電源を右にスライドしてONにします。

次にスマートフォン(今回はiPhoneでおこなっていきます。)の設定などからBluetoothの画面にうつります。

すると「PTM-BHK」と出るのと同時に、4桁の数字を「i BOW mobile」で入力する画面が出てくるので、これをキーボードで「ポチポチポチッポチ」と打ちます。

これで接続完了!!!

 

まずは、ちゃんと打てるのかを「メモ」で確認したいと思います。

「おぉ~ 打てるじゃん!」まぁ、ボタンがメチャメチャ小さいので、けして打ちやすいわけではないのですが、慣れればサクサク打てるようになるのかもしれません。

f:id:apple_tabehoudai:20181004110014p:image

 

つづいて音楽を再生してみたいと思います。

「i BOW mobile」のキーボードを裏にして操作をします。

マイクロUSBをさすところを下にして、真ん中のヘコんでいるのが「再生・一時停止」のボタンで、上下にあるのが「音量」です。

左右のボタンが1度押すと、「前の曲・次の曲」で、長押しすると「早戻し・早送り」になっています。f:id:apple_tabehoudai:20181004110106j:image

(今さら気がついたのですが、電源を入れると小さな音で「ピポパポー」と鳴りました。)

「i BOW mobile」の上部にあるイヤホンをさすところに、最近ご無沙汰だった「有線タイプのイヤホン」をさして再生をしてみました。

気になるノイズなども無く、ふつうに音楽を聴けました。

さて、最後にサプライズ的な機能「通話」をしてみたいと思います。

この「i BOW mobile」には、電話をかける機能は無いので、接続をしたまま、イヤホンを抜いた状態にして、私に電話をかけてもらいました。

着信音が鳴ったので、キーボードの左にある「受話器?」マークを押してキーボードを耳にあてて「もしもし」と言うと、キーボードから「もしもーし」と聞こえて、通話もできてしまいました。

 

今回、ご紹介した「i BOW mobile」は、かなり前にメーカー販売終了となっているので、「なにこれ?」みたいな感じで書かせていただきました。

f:id:apple_tabehoudai:20181004110127j:image

それでは、これにて失礼致します。

お読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする